2016年2月4日木曜日

2カ月ぶりの肝臓癌の検診。着実に進行中。

 2月4日(木)午後,2カ月ぶりの検診を受けてきました。肝臓に転移した癌のその後の状態の確認と,その他の臓器への転移の確認です。やったのは,エコーによる綿密な検査でした。これまでの倍以上もの時間をかけて丁寧に行われました。その結果は以下のとおりでした。

 転移した肝臓癌は,間違いなく進行していること,他臓器への転移はなし,というものでした。この肝臓癌については,化学療法で抑えるという方法もありますが,個人差があって効果のほどはやってみないとわからない。切除手術も可能だが,かなりのリストを伴うこと。さて,どうしますか,というのがお医者さんの問い。

 わたしとしては,覚悟の上で抗ガン剤を拒否して,QOLを選んだのですから,いまさら変更する意思はありません,と。すると,わかりました,では,QOLに寄り添った支援をいたしますので,なにか不都合がありましたらいつでも診察を受けにきてください。入院しての支援も可能ですので,念頭に入れておいてください,とのこと。

 以上が,今日の検診結果のあらましです。

 このような選択が正しいかどうかは,お医者さんでも個人差があって意見が分かれるところだとおもいます。わたしの担当医も,ここはむつかしいところですね,と頭をひねっていました。まえ,言ってしまえば,だれにも判断できない神の領域のことだということでしょう。わかりやすく言ってしまえば,天(自然)から授かった寿命というものでしょう。となれば,それを甘んじて受け入れましょう,というのがいまのわたしの心境。

 さあ,これでいよいよ間違いなくカウント・ダウンの状態に入ったといってよいでしょう。その覚悟はできていますので,いまは,なんの不安もありません。あとは,残された余命を悔いのない時間にすること,つまり,授けられた寿命をまっとうすること,とみずからに言い聞かせています。

 だからと言って,このまま放置しておくわけにもいきませんので,いまからでも可能な努力はつづけるつもりです。いろいろの人に教えていただいた「これがいいそうです」と言われる方法のうち,自分でも納得のいく方法を実行に移すこと。それも,すでに,やってきているのですが,まだ,努力が足りないようです。もっと徹底してやってみようとおもいます。それもどこまで効果があるかは未知数です。とにかく,やってみる,しかありません。

 次回の受診は,4月7日(木)を予約してきました。

 というところで,とりあえず,今日の検診結果のご報告まで。
コメントを投稿