2014年7月14日月曜日

自公の暴走路線に歯止め。滋賀県民のみなさんの良識にこころからの敬意とエールを。

 憲法を無視して閣議決定でことを運ぼうとする,こんな目茶苦茶な政権をいつまでも放置しておくわけにはいきません。しかも,戦争ごっこがしたくてたまらない坊っちゃまが宰相ですから困ったものです。アメリカ国内では飛行することすら禁止されているオスプレイを大量に購入するというのですから,もはや,御名御璽です。ここはわれわれの「民意」を行動で示すしかありません。その行動のうち,もっとも効果的なのは選挙行動であることは衆知のとおりです。

 その選挙行動で,朗報が飛び込んできました。滋賀県知事選挙。自公推薦候補が敗退。卒原発をかかげた嘉田由紀子前知事の指名を受けて,民主党を離脱し無所属で立候補した三日月大造氏がみごと当選をはたしました。この三日月氏を選んだ滋賀県民のみなさんの賢明な選択にこころからの敬意とエールをおくりたいと思います。そして,ありがとう!と。

 このあとには,10月の福島県知事選挙と11月の沖縄県知事選挙が待ち受けています。まさに,天下分け目の「決戦」です。この二つの選挙結果いかんによっては,日本のこんごの命運が決まってしまいます。そして,来年の国政選挙へと,重大な影響を及ぼすことになっていくでしょう。その先鞭をつけたのが,この滋賀県知事選挙でした。

 こまかなことはさておいて,自公路線の「盲目」としかいいようのない「暴走」にだれが歯止めをかけるか,手の打ちようもなく途方に暮れながらも,機会をみつけては国会前や首相官邸前のデモに参加してきましたが,その無力感は覆いようもありませんでした。どんなに多くの国民が国会周辺だけではなく,全国各地で安倍政権への異を唱える集会を開催していても,マスメディアのほとんどが無視してしまいます。ですから,ふつうに暮らしている日本国民の多くはその事実を知ることすらできません。そうして政権の暴走はとどまるどころか加速さえしています。

 そこへ,この滋賀県知事選挙の結果が大きく報じられることになりました。この報道のもつ意味は計り知れないものがあります。これまで,なんとなく変だなぁと思っていた国民の多くが(いわゆる浮動票層),やはりそうか,と気づいてくれることが期待されるからです。その意味でも,このたびの滋賀県民の良識あるみなさんの賢明な選択が,どれほど価値のあるものであったか,わたしはひとり感涙にむせんでいます。そして,繰り返しますが,こころからの敬意とエールを送ります。

 さて,つぎは10月の福島県知事選挙です。一部の噂では,小泉進一郎氏が自民党を離脱して,脱原発をかかげて立候補するのでは・・・という声があるようです。いろいろ問題はありますが,なにはともあれ,脱原発を貫き,現政権の「違憲」行為に一矢報いる決意があるのであれば,これはこれでまた面白いとわたしは考えています。まあ,この話はもう少し,慎重にことの推移を見届けてからということにしましょう。そして,ここでも滋賀県知事選挙につづいて,福島県民のみなさんの良識に期待したいと思います。

 そのあとにつづく11月の沖縄県知事選挙。こちらもすでに,自民党沖縄県連が二つに割れて,それぞれに候補を立てることになりそうだ,という情報が流れています。自民党本部もまた仲井真氏の再選・立候補に難色を示しているといいます。さらには,沖縄にはいま,これまでとは違った新たな主張をかかげる「オール沖縄」のような潮流が起きていると聞きます。この人たちの動向もまた,きわめて重要だと受け止めています。8月には沖縄にでかける用事もありますので,少し,現地の情報も集めてきたいと思っています。

 さて,いずれにしましても,このたびの滋賀県知事選挙の結果が,お先真っ暗だった日本の未来にいくばくかの希望の灯をともしてくれました。この灯を大切に引き継いで,しっかりとした選挙行動で「民意」を明らかにし,お坊っちゃまの「腹痛」再発の早やからんことを祈るばかりです。

 最後にもう一度,滋賀県民のみなさんの良識にこころからの敬意とエールを送ります。そして,ありがとう,と。
コメントを投稿