2014年7月3日木曜日

集団的自衛権の閣議決定。憲法を無視したアベ政権の暴挙。この違法行為をこそ糾弾すべし。

 7月1日(火)の閣議決定を受けて,2日(水),3日(木)と連日,新聞・テレビが「集団的自衛権」の行使・容認をめぐる報道を大々的に展開しています。しかし,その展開のさせ方に一つだけ気がかりなことがあります。それは,いずれも集団的自衛権と「戦争」との関係に議論が偏っている,ということです。国民の意識を引きつけるには,東アジアの危機的情況に訴えて,集団的自衛権の是非を問うという手法がもっとも手っとり早いと考えてのことなのでしょう。しかし,これは逆に言えば,みごとなまでの世論誘導・操作装置にもなっている,ということです。つまり,やっぱり集団的自衛権の行使を容認しておかないと,戦争に備えられないよなぁ,という方向への無意識に訴える誘導装置として機能する,ということです。

 これは完全なる問題のすり替えではないか。

 集団的自衛権行使・容認の閣議決定がもつもっとも重要な問題は,ときの政権の一存で,憲法を無視した違法行為,この一点にある,とわたしは考えています。憲法を無視して,閣議決定をし,法案にして議会に提出し,多数決で押し切る,というこの手法こそが大問題なのだ,と。こんなことがまかり通るとなれば,もはや,日本国は国家としての体裁を失い,国際社会からも「孤立」してしまいます。憲法を無視する国家など,だれが信用しますか。

 長年にわたってこつこつと積み重ねてきた平和国家日本としての大きな「財産」を一気に失うことになります。

 日本は,ポツダム宣言受諾(無条件降伏をしたという事実をもっと重く受け止めるべきです)後のアメリカによる統治のもとで,二度と戦争をしない国家として憲法第9条を旗印に,戦争を放棄することを世界に向けて宣言した国家です。そして,世界が日本のこの決断を熱烈歓迎しました。なぜなら,日本がふたたび軍備をして戦争をする国家になることを,世界中の国家が恐れていたからです。なにせ,ハラキリ,トッコウタイといった命をなげうって突撃してくる軍隊など,ヨーロッパ先進国では考えられないことだったのですから。

 その「野蛮な」国家が,戦争放棄を謳った憲法を旗印にして,こんどは「平和国家」の樹立をめざして,大戦後の復興に立ち上がったのです。しかも,世界が驚くほどの成果を挙げました。このことに世界はふたたび驚きました。そして,日本はあくまでも「平和国家」を標榜し,専守防衛を貫くことを世界に向けて示しつづけてきました。この国家としての姿勢が,国際社会では高く評価され,大きな信頼をえることに成功しました。

 にもかかわらず,アベ政権は,中東戦争のときに日本は「カネだけ出して,人を出さない」と国際社会からきびしく批判された,この批判を回避するためには「人もだせる」集団的自衛権の行使容認が必要だ,というわけです。しかし,なぜ,こんな根拠のない誹謗中傷に怯えなくてはならないのか,わたしには理解できません。逆に「人をだせない」国家にしたのは,あなたがたではないか。それを熱烈に歓迎したのもあなたがたではないか。しかも,現行の平和憲法をわたしたちは誇りに思っています。だから,平和国家を目指すわが国としては,この憲法を遵守し,「人は出しません」と,堂々と論陣を張ればいいだけの話です。

 しかも,こんな批判を,もはや,いまのアメリカは日本に対してする根拠はどこにもないでしょう。アメリカは日本の集団的自衛権を歓迎しているとメディアは伝えていますが,どのレベルのニュース・ソースに基づいているのか聞いてみたいところです。現に,アメリカと中国はみごとなまでの信頼関係を構築しています。いまも,太平洋ではアメリカ軍と中国軍と日本の自衛隊が共同で演習訓練をやっています。この事実を「ひた隠し」にして,中国が攻めてくる,と恐怖心を煽ることに政府もメディアも熱心です。そして,多くの国民はまたまた騙されてしまいそうになっています。なにせ,嘘を公然と言ってのけることになんの罪悪感ももたない首相のやることですから。

 中国が尖閣諸島の領海侵犯を繰り返していて,一触即発の危機的状態がつづいている,という報道もわたしからみれば立派な「嘘」です。なぜなら,中国は,尖閣諸島の問題は,しばらくの間「棚上げ」にして日本の「実効支配」は認めましょう,という約束を日本とした上で,いつか,この問題について話し合うことのできる時を待ちましょう,というところで納得していたのです。ですから,尖閣諸島を日中で共同開発をしよう,という話まで持ち上がっていました。が,それらの約束を破って,一方的に「わが国固有の領土である」と宣言したのは日本なのです。中国が怒るのは当たり前でしょう。立場を逆にして考えてみれば,よくわかります。ですから,中国は「歴史認識」の問題だと主張し,それを根拠に,ぎりぎりいっぱいのところでの示威行動をつづけている,ただ,それだけの話です。日本が,もう一度,尖閣諸島を「棚上げ」に戻せば,一気に問題は解消します。こういう「事実」も「ひた隠し」にしています。メディアまで一緒になって。

 とにかく,なにがなんでも集団的自衛権行使容認に向けてまっしぐら。それが,とんでもない違法行為であることも無視して。こうした行為に歯止めをかけるはずの内閣法制局のトップまでアベ人事で都合のいい人間にすげ替えてしまっています。ですから,いまや,内閣法制局はあってなきがごときものになってしまっています。

 戦争はいつでも想定外のところからはじまります。ですから,専守防衛だけで充分です。すなわち,現行の単独的自衛権だけで充分です。

 ですから,今回の大問題は,憲法を無視したアベ政権の暴挙にあります。この違法行為をこそ,徹底的に問うべきではないでしょうか。

 明日(4日)の夕刻(午後6時)から,「立憲デモクラシーの会」が今回の集団的自衛権をめぐる問題をとりあげ,学習院大学でシンポジウムを開催します。わたしも出かけて行って,勉強してこようと思っています。詳しくは「立憲デモクラシーの会」で検索してみてください。

 これからがいよいよ正念場です。できる努力はしていきたい。そのためには,しっかりと熟慮を重ねつつ,できるところから行動に移していきたいと思っています。

 以上,現時点での所感まで。
コメントを投稿