2013年11月17日日曜日

特定秘密保全法に反対する署名活動にご協力を。

 以前,このブログでも取り上げましたが,「特定秘密保護法案」の全文を熟読してみて,これは戦前の「治安維持法」の現代版ではないか,と空恐ろしくなりました。ふたたび,第二次世界大戦の時の戦時体制への備えを,いまから始めようという意図が丸見えです。いったい,この国の憲法第9条はどうなってしまったのか,そして,それよりなにより「国民主権」の憲法の精神を真っ向から否定するものにほかなりません。そんな恐ろしい法案が十分な審議もなされないまま,多数の暴力で押し切られようとしています。

 諸般の事情で,街頭デモには参加できない人も,せめて「署名」運動をとおしてその意志を表明することはできます。国民としての,ささやかな意志を,しかし,決然たる意志を国会議員に伝えたいと考えています。

 以前,「特定秘密保全法への反対を国会議員に請求するキャンペーン」が知人より送信されてきて,それに「賛同」しました。そして,「電子署名」をいたしました。が,それでは署名として認められないとのこと。そこで,本人の手書き署名をして,郵送して欲しいという依頼がありました。もう,残り時間もありませんが,緊急のお願いをみなさんにもいたしたいと考えました。まことに恐縮ですが,こころある人は,ぜひ,下記の方法で署名・郵送をしてくださるよう,お願いいたします。

 いろいろの経緯がありますが,現段階では,下記の団体が署名を国会議員のところに届けてくれることになっています。
NGOs Civilian Platform Japan
http://www.sonegoro.jp

 署名は以下のURLから署名用紙をプリントアウトして,本人の手書きで,名前・郵便番号・住所を記入してください。
https://drive.google.com/file/d/18HkglYx-eJEMjz8b8TqdGDzj84HquZs3cL5Q3ZTgw00IGoxGFgfs48S-hA09/edit?usp=sharing

郵送先は以下のとおりです。
〒279-8799
浦安郵便局留
千葉県浦安市富岡1-19-7
藤原節男様

 以上です。
 お手数をおかけしますが,よろしくお願いいたします。
 わたしも,ささやかではありますが,可能な範囲で,こんごもみずからの意志表明をしていきたいと考えています。重ねて,よろしくお願いいたします。

 取り急ぎ,お願いまで。

※〔追記〕署名用紙をプリントアウトできない場合には,その上に書いておきましたNGOs Civilian Platform Japan のURLを開いてみてください。ホーム・ページの下の方に,署名用紙のファイルを請求することができるようになっています。お手数ですが,よろしくお願いいたします。
コメントを投稿