2014年12月2日火曜日

集団的自衛権だって?ダメよ,ダメダメ!

 流行語なんて,どうでもいいと思ってきましたが,ことしの選定は偶然にしてはできすぎですね。この二つの流行語をひとつのセットにして,投票日までにできるだけ広く拡散してみたくなってきました。ご協力いただければ幸いです。

〔原型〕
 〇〇:集団的自衛権?
 〇〇:ダメよ,ダメダメ!

〔若いカップルの会話〕。
 彼氏:とうとう集団的自衛権だってよ?
 彼女:ダメよ!ダメダメ!

〔落語の大家と店子の会話〕。
 大家:八っつぁんよ。いよいよ集団的自衛権だってなぁ?
 店子:大家さん。そりゃあダメだよ!ダメダメ!

 というような具合で,いくとおりでも場面設定をしてアレンジすることができそうです。
 これ,どこかの政党のキャッチコピーに使えばいいのに・・・・。
 わかりやすくて抜群。浮動票を拾うこと請け合いです。

 浮動票の多くは,ほとんどこのレベルの感覚で動くように思います。
 選挙の大義をきちんと読み切って,まっとうな選挙行動がとれる人の方が圧倒的少数のようですから。

〔サラリーマンの会話〕。
 A氏:おい,お前のとこ,給料上がったか?アベノミクスの効果あったと思うかい?
 B氏:ぜんぜん上がんないねぇ。アベノミクス?ありゃあ,ダメダメ!

〔家庭の主婦の会話〕
 Aさん:お宅の台所事情はどう?アベノミクスの恩恵で楽になったと思う?
 Bさん:給料は上がらず,物価だけが上がってますます苦しくなるばかりよ。アベノミクスの恩恵だって?ダメよ,ダメダメ!

〔母と娘の会話〕
 娘:お母さん,アベノミクスで景気がよくなってきてるっていうじゃない。お小遣い,上げてよ。
 母:アベノミクスだって?あれはウソばっかり。それどころじゃないのよ。ダメよ,ダメダメ!

 以下,憲法無視ヴァージョン,閣議決定ヴァージョン,特定秘密保護法ヴァージョン,原発ヴァージョン,沖縄・辺野古ヴァージョン,などなどいくらでもアレンジができます。

 というような具合に,あちこちに拡散させてみてはいかがでしょう。

 ところで,あなたは現政権の持続を望みますか?
 ダメよ,ダメダメ!

〔追記〕
 このブログを書いた翌日の3日の東京新聞に,斉藤美奈子さんの「本音のコラム」が掲載されました。このコラムの最後のところで,斉藤さんは「と」ではなく「は」でつなげるといい,と提案なさっています。すなわち,

 「集団的自衛権はダメよ~ダメダメ」と。

 やはり,同じような発想をする人はいるものだと安心しました。しかも,選挙戦でも活用しよう,と呼びかけていらっしゃいます。快哉。

コメントを投稿