2015年4月15日水曜日

戦争放棄を銘記した「憲法9条」をもつ唯一の文明先進国・日本。この「70年」の実績を世界に誇るべし。

 世界に一つくらい戦争をしないと宣言した国家があってもいい。そして,ことあるごとに戦争をしかける国家を批判する,そういう国家があってもいい。いかなる理由があろうとも戦争だけは認めないと言い続ける国家があってもいい。いな,あった方がいい。

 わが日本国には,それを言う資格がある。「憲法9条」を楯にして,世界に向かって,あらゆる戦争に反対する立場を貫くべきだ。その資格があるのに,そのような主張を強くすることもなく,地味だが,まがりなりにも「70年」,戦争を回避してこんにちまでやってきた。

 戦争協力の仕方については,いろいろ批判も受けてきたが,国際社会の信頼は間違いなく蓄積されてきた。戦争をしない国家・日本として。その貯金分を一気にとり壊しても構わないというのが改憲論議の根本にある。とんでもない見当違いの考えだ。先人たちの苦労を水泡に帰する,とんでもない暴論だ。

 戦争に「正義」はない。「正義」は神のみが判断しうるのであって,人間が判断できることではない。戦争を仕掛ける側に「正義」があるとしたら,その反対勢力にもまったく同等の「正義」が存在する。どちらの「正義」が正しいか,神のみぞ知る。

 人間が選択できる唯一の「正義」は,戦争をしないことだけだ。いかなることがあっても戦争はしない,これに勝る「正義」がほかにあろうか。もしあるとしたら,神(一神教)を守るための戦争だけだ。だから,一神教の存在を認めれる側に立てば,戦争はありえない。日本国はこの立場に立ってきた。これまで穏便にやってこれたのはそのせいだ。

 しかし,ここにきて政府自民党は一転して,戦争ができる国家をめざそうとしている。そして,とうとう,もっとも危ない国家イスラエルとも手を結んでしまった。そのために,ISをはもとより,国際社会からも危険視され,一斉に日本国の動向に注目しはじめている。改憲して正規軍をもったら,情勢は一変する。その覚悟が国民にあるか。残念ながら,茹でガエルにはその覚悟はもとより,気力も体力もない。のみならず,認識すらない。なのに,政府自民党は猪突猛進する。

 どんなことがあっても戦争だけは回避しなければならない。これは人類の永遠のテーマだ。それを愚直に追求する国家が,世界に一つくらいあってもいいではないか。いや,あるべきだろう。そして,その立場から正々堂々と,戦争を仕掛ける国家に異議申し立てをしていく,言いつづける,そういう国家があってもいいではないか。いな,あった方がいいだろう。

 日本国はそういう国家をめざすべきではないのか。「70年」の実績をバネにして。この貯金を無駄にしてはならない。
コメントを投稿