2016年1月28日木曜日

甘利大臣,立派。さあ,こんどは首相の任命責任だ。

 「政治家は結果責任だ。政治家としての矜持を貫くことにした。」

 立派なものです。見上げたものです。自民党の中にも,そして,閣僚の中にも,こんな立派な政治家がいるではないか。やはり,嘘をつきとおすには高い教養が邪魔をしたか。いまからおもえば,もうすでに,TPP交渉で疲れ切っていたようにもおもいます。TPP交渉中のテレビに映る顔つきがどんどん悪くなり,白髪も一気に増えました。アベ政権のもとでの嘘つき政治にほとほと嫌気が差していたのではないでしょうか。

 今日(28日)の午前中の,衆議院で行われている党首による質疑応答をテレビでみていたら,時折,映し出される甘利大臣の顔から張りつめた緊張感というか,輝きが消えていました。これはどうにもならないということを覚悟し,腹をくくったな,と密かに推測してしまいました。もう,完全に精気が消えていたからです。

 かくなる上は,政治家・甘利明として,矜持を貫き,きちんとした説明責任を果たしていただきたい。そして,ことの真相を明らかにして,それ相応の責任をとっていただきたいとおもいます。ここまできたら,たぶん,やってくれるでしょう。根が真面目そうな人にみえますから。

 それに引き換え,アベ君は,もう,どうしようもないアホンダラ。嘘はたくさん連発して言いつづければ,それが道理となる,とでもおもっているのでしょうか。丸見えの嘘をついて,しかも居直るのですから,これはもはや嘘をついているという自覚もなにもない,たんなるアホンダラでしかありません。もし,嘘をついているという自覚があって,あの態度が保てるとしたら,もはや,病気以外のなにものでもありません。

 さあ,どうする,アベ君。後任を決めればそれでいい,という問題ではありませんよ。「任命責任はわたしにある」と明言したのですから。もっとも,これもまた明々白々なる嘘をついたのかもしれません。言っておいて,あとは無視をすればいい・・・と。でも,なんらかの「任命責任」を明らかにしないことには野党が許さないでしょう。これから緊迫した国会がつづくことになりそうです。また,そうでなくては奇怪しいわけですが・・・・。

 でも,すり替え,誤魔化し,脅し,の名手でもあるお代官さまと越後屋のコンビ,すなわち,アベ+スガの「悪」のもたれ合いコンビ。なにをやらかすか,わかったものではありません。わたしたちの眼に見えないところでやりたい放題。とりわけ,メディア操作。今回だって,甘利大臣は「はめられた」のだと予防線を張りました。それにメディアはほいほいと乗って,じゃんじゃかこの情報を流していました。たとえ,「はめられ」ようが,どうしようが,悪いことは悪いことであって,「はめられた」から責任がないという問題ではありません。が,こんな小手先の手練・手管でかわそうとしたのは官邸だった,という情報も流れています。もっとも,こちらの情報はネット上のものですが・・・。

 いずれにしても,こうなったら,そろそろ水戸黄門さまのお出ましの番です。いでよ,自民党の水戸黄門。いまこそ,襟を糺すべきとき。長老のだれでもいい。骨のある長老はいるではないですか。自民党という政党の屋台骨を建て直すためにも,そして,日本国を救うためにも,蛮勇をふるって立ち上がってほしい。

 こんな大ピンチに立っても,なお,アベ・シンゾウにすべてを託すというのでしょうか。そして,選挙に勝てればそれでいいとお考えでしょうか。

 そうは問屋が卸しません。もはや,国民だって黙ってはいません。甘利大臣の「矜持」をもってすれば,ほかにも辞表を提出しなくてはならない閣僚がいます。当然のことながら,そちらにも点火して,大きな議論が沸き起こること必定です。また,そうなくてはなりません。政界浄化のためにも。国民は黙ってはいません。

 これから選挙に向けて,ますます政界は流動的になっていくはずです。そして,その幕開けが,自民党・閣僚のオウン・ゴールではじまるとは,いささか意外でしたが,なるほどなぁ,ともおもいます。さあ,わたしたちも手綱を緩めてはなりません。

 いざ,鎌倉,です。立ち上がりましょう。できるところから・・・・。
コメントを投稿