2012年12月28日金曜日

『相撲雑記』(柴田晴廣著,PDF私家版)を読む。野見宿禰の話題が満載。

 12月25日のわたしのブログ「上宮天満宮と野身神社で考える。「奴婢」という記録を社碑に刻んでいることの意味」にコメントを入れてくださった柴田晴廣さんが,表記のように『相撲雑記』(PDF私家版)を送信してくださいました。念入りにもCD版も郵送してくださいました。ありがたいことです。ちょっとだけ,余談ですが,柴田さんのように本名でコメントを入れてくれる人を熱烈歓迎したいと思います。

 じつは,柴田さんには大著『穂国幻史考』という入魂の著作があり,これもすでに送っていただいていました。この本のことについては,ほんの少しだけでしたが,このブログにも書かせていただきました。「穂国」(ほのくに)とは,愛知県三河地方の豊川(とよがわ・川の名前)の右岸にひろがる旧・宝飯郡の古代の名称(略称)です。この地域の歴史を古代から掘り起こしつつ,こんにちに伝承されている祭祀にいたるまで,文献とフィールドワークを重ね合わせながら考察した,もじどおりの力作です。

 この柴田さんの渾身の力作のなかに,野見宿禰の話が盛り沢山に記述されています。この本のなかにも,じつは,今回のブログにコメントを入れてくださったように,「野見」は韓国語の「奴の」の発音にきわめて近いので,野見の姓はそこからきているのではないか,というとても魅力的な仮説が提示されています。もちろん,著作のなかでは,もっと丁寧に順を追って詳しく論を展開しておられます。

 そこに今回は『相撲雑記』を送ってくださった,という次第です。もちろん,今回のこの私家版にも,野見宿禰に関する考察はてんこ盛りです。よくぞまあここまで調べ上げたものだと驚くばかりです。およそ,手にすることのできる文献はもれなく渉猟し,それらをベースにして,柴田さん独特の史観にたつ推理を展開していきます。これがまたきわめて魅力的です。えっ,そうなの?というような発見が随所に見られます。わたしのようなちょいかじりの日本古代史への関心から野見宿禰を推理するなどというレベルをはるかに超えでています。ですから,わたしにとってはとても参考になる,これからの調査のヒントになる,重要な指摘がふんだんに盛り込まれていますので,とても助かります。

 たとえば,愛知県にも野見宿禰がらみの土地や伝承があちこちに散在するという柴田さんの興味深いご指摘があります。それらも一つひとつ資料にもとづいて,地名や伝承が紹介されています。それどころか,柴田さんの生まれ育った土地であり,いまもそこに根を下ろして生活していらっしゃる「牛久保町」も,もともとは宝飯郡であり,つまり「穂国」です。その「穂国」と野見宿禰は切っても切れない関係がある,という柴田さんのご指摘は,初めて読んだときには眼からうろこでした。今回,再読してみて,ますます納得のいくものとなりました。穂国の隣の町が,わたしが小学校から高校卒業まで住んでいた故郷です。とても他人事ではありません。

 このブログにも書きましたが,笹踊りというお祭りのときに踊られるこの地域独特の伝統芸能がありますが,それも共有している土地柄です。つまり,文化圏としてはまったく同じです。そして,なぜ,この地にだけこの踊りが伝承されているのか,柴田さんは丹念に調べ上げて『穂国幻史考』のなかで論じておられます。まあ,言ってみれば,同じ三河弁で郷土史を語り合える,ありがたい友人がひとり増えたという思いです。

 いささか脱線してしまいましたが,もとにもどしましょう。ところで,全国に広がる天満宮の数の多さについては,つとに知られているとおりですが,野見神社の数も数えていくと相当のものになるのではないか,といまごろになって気づいた次第です。それも,柴田さんの研究をとおして,やっと気づいたことです。

 柴田さんのような,いわゆる郷土史家は,日本全国にかなりの方がいらっしゃると思います。が,柴田さんほど素直に,ご自分の興味・関心ひとすじに,とことんテーマを追いつづける方も少ないのではないかと思います。その情熱,バイタリティにはこころから敬意を表したいと思います。日本の権威主義的なアカデミズムは,こういう地道な研究者の存在を無視するのでしょうが,それは間違いだと思います。アカデミックな研究方法や目的意識にがちがちに縛られるあまりに,ほんとうの興味・関心とは遠ざかってしまう研究,つまり研究のための研究から,いかにして脱出するか,ということがこれからの重要な課題だと思います。とりわけ,「3・11」以後を生きるわたしたちにとっては,不可欠です。その意味で,柴田さんの存在は大きいと思います。

 これからの柴田さんのご活躍をこころから期待したいと思います。

 というところで,今日のところはここまで。

〔追記〕
 このブログに関して,柴田晴廣さんから,かなり手厳しいコメントをいただきました。かんたんに述べておけば,「わたしは単なる郷土史家ではない,そんなつもりは毛頭ない」というものです。この点については,柴田さんの名誉にもかかわる問題ですので,わたしなりの考えを応答として,補足のコメントをさせていただきました。とても,重要なことがらですので,ぜひ,ご確認くださるよう,お願いいたします。

コメントを投稿