2015年7月20日月曜日

やっぱり「戦争法案」は駄目なだげなぞん。47%あった支持率がいっぺんに37%に減っちゃっただげなぁ。

 まあ,駄目だぁのん。こんなにいっぺんに支持率が下がっちゃうなんてことたぁ,滅多にあることじゃあなんぞん。ほいッ。みんな,よっぽど腹が立っとるらしいぞん。

 あんた,どうおもうかのん。わしゃぁ,やっぱり,この「戦争法案」だけは駄目だとおもうがのん。こいつだけは「廃案」にしないことにゃぁ,このさき夢も希望もなくなっちゃうでのん。

 アメリカじゃぁ,はえ,この「戦争法案」がとおることを当てにしとるということだにぃ。これがとおりゃぁ,日本の自衛隊を戦争に駆りだすことができるっちゅうので,アメリカの軍隊4万人を削減する予算を組んで議会に提出しとるだげなぞん。というこたぁ,アメリカの軍隊4万人分の肩代わりを日本の自衛隊がになうっちゅうこったのん。

 こりゃあ,えらいこったぞん。

 日本の自衛隊は,他国にまででかけて行って,鉄砲を撃つ訓練はしとらんでのん。もっぱら,専守防衛のための訓練だけだでのん。自衛隊員自身も,そんな覚悟はできとらんだげなぞん。ほいだもんだえ,訓練が最近になって厳しくなってきたら,ノイローゼになる隊員が続出したり,自衛隊を去る人も続出だげなぞん。

 これじゃあ,自衛隊員が足りなくなるというので,こんだぁ学生さんに眼をつけとるだげなぞん。奨学金をもらっとる学生さんに,卒業後,自衛隊に入りゃあ,奨学金を返さなくていいっちゅう法律をつくるらしいって,聞いたことがあるでのん。それが駄目なら「徴兵制」も視野に入れて検討をはじめとるっちゅう話も聞いたことがあるでのん。

 こんなこともあってずら,きっと。SEALDs (Students Emergency Action for Liberal Democracy-s=自由と民主主義のための学生緊急行動)を名乗る学生さんたちの集団が雪だるま式にふくらんで,いまや国会前に10万人の人を集める力をもつようになっただげなぞん。それも,全国ネットで活動を展開しとってのん。どえらいことになっとるらしいぞん。

 ほんだもんだえ,みんな大人衆も,やっぱり「戦争法案」は駄目だ,と考えるようになったらしいだのん。それが,47%の支持率が一気に37%に減ってしまった大きな原因じゃあないか,という人がいっぱいでてきたでのん。

 このままいきゃあ,あっという間に,37%が27%に,そして,17%に支持率が落ちていくこたあ,間違いないらしいでのん。ほいだで,戦争だきゃあ,どんなことがあっても避けていきたい,「憲法9条」を守っていきたい,という人たちゃあみんなアベ政治に「反対」と言い出しただげなぞん。

 あんた,まだ,決めとらんのなら,よくよく考えて,わしゃんとうと一緒に「反対」と書いたプラカード(「安倍政治を許さない」)をもって近くのデモに行かまいかのん。プラカードはコンビニで印刷してくれるげなでのん。それを,まずは,家のどこかに張り付けておいてのん。

 「戦争法案」が廃案になるまで,大事に飾っておいてのん,デモのたんびに持ってでかけまいかのん。そうすりゃあ,なんとか廃案に追い込むことができるだげなぞん。いまのところは,それしか方法がないだげな。

 わしもガンバるでのん。あんたも頑張っとくれん。

 若い衆を戦争に送り出すなんてこたぁ,絶対に許しちゃあ駄目だでのん。
 70年も戦争をしないできた日本だでのん。

 ここを頑張って,戦争法案を廃案にしたら,日本国民に「ノーベル平和賞」が与えられる可能性が大いに開けてくるっちゅう話もあるでのん。

 頑張らまいかのん。本気で。
コメントを投稿