2015年9月19日土曜日

アベ政権は戦後最悪。憲法を無視。国会のルールも無視して「やりたい放題」。これは「クーデター」」だ。

 「ポツダム宣言」は読んでいません。「憲法」も精読はしていません。こんなことを国会の審議のなかで平然と言ってのけた総理大臣は,過去にいたでしょうか。それでいて,勝手に自分たちの都合のいいように憲法解釈をし,それを閣議決定して,戦争をできる国にするための「戦争法案」を提出する。しかも,最後までこの法案の法的根拠の正当性を説明できないまま,それどころか,まったく根拠のない法案だということが明白になったにもかかわらず,国会のルールを無視して「強行採決」に走り,議事録も残せない採決を,「可決」したと偽り,そのまま参議院の議決に持ち込む。おそらく,今夜半,いや早朝には可決成立させることになるのでしょう。

 こんな無茶苦茶なことをする政権はかつて存在したでしょうか。

 国家の根幹にかかわる憲法を無視し,議会制民主主義を踏みにじり,立法のための最低限の手続も約束事も無視して,議席の数のみを頼りに,あともどり不可能な最悪の悪法「戦争法案」を成立させようというのです。

 つまり,「戦争のできない国」を「戦争のできる国」へと大転換させようというのです。すなわち,国家としてのあり方を180度転換させようというのです。

 これは「クーデター」としかいいようがありません。

 反立憲主義,反民主主義,反平和主義,反知性主義・・・・いくつ並べても足りないほどの無知蒙昧な政治が,多くの民意を無視して展開されています。こんな醜態をさらけ出す政治が,なんの根拠もない「合法性」を騙り,「暴力」的に展開されています。

 今夜(18日)もまた,多くの人びとが国会前に集結して,一日中,「戦争法案,絶対反対」「民主主義って,なんだ」「これだ」「アベは,辞めろ」「いますぐ,退陣」「賛成議員は,落選させよう」などと声を挙げています。この声が国会の中にも聞こえているといいます。おそらく,賛成議員の多くはこころのなかで怯えているに違いありません。逆に,反対議員の背中を押し,勇気を与えていることは間違いありません。

 明日(19日)からは,第二ステージの抗議集会へと進展していくことになるでしょう。まずは,この「戦争法案無効」の闘い(憲法98条による)がはじまることでしょう。そして,少なくとも,来年の選挙まで持ち込み,自民・公明両党,ならびにそれに追随する政党を徹底的に批判し,「賛成議員落選」運動が激烈に展開されることになるでしょう。

 それほどの「怒り」を,われわれ国民に与えたのは,アベ君,君なんだよ,とはっきり「NO」をつきつけていくことにしましょう。

 今夜は「怒り」に震えて,眠れそうもありません。
 のみならず,今夜も夜を徹して声を挙げつづけるであろうSEALDsの若者たちの情熱をおもうと,ますます眠ってなどいられません。少なくとも,念力だけでも,国会前に向けて送りつづけたいとおもいます。
コメントを投稿