2014年5月29日木曜日

「意識引導動作」ということについて。李自力老師語録・その44。

 太極拳の動作は意識が引き出し,導くのです。それを中国語では「意識引導動作」といいます,と李自力老師は仰います。

 以下はわたしの「如是我聞」です。李老師のお話をわたしがどのように聞いたか,そこにはわたしなりの解釈が加味されていることをお含みおきください。

 まず,どこに意識をおくのか,どのような意識をもつのか,なにを意識するのか,それによって動作は変わってきます。あるいは,どのようなイメージを思い描くかによっても動作は大きく変化してきます。意識の持ち方次第で太極拳の動作はさまざまに変化します。

 ここでいう意識とは創意工夫と置き換えてもいいでしょう。

 いけないのは,なにも意識しないで漠然と太極拳をやっていることです。また,あまりに意識を強くもちすぎて,動作は間違ってはいないけれども,堅苦しい動作になってしまうのもいけません。まずは,気持をできるだけリラックスさせること,そうすれば自然にからだが弛緩します。その上で,軽く意識しながら,動作を導くこと,これが肝要です。

 このときに,なにを,どのように意識するか,これが大事です。そのためには,つねに,自分の理想とする太極拳の動作を探求し,イメージすることです。そうすると,おのずからその人なりの太極拳の味がでてきます。あるいは,その人独特の雰囲気がでてきます。ここを目指すこと,太極拳の稽古にとってはそれが大事なことです。

 しかし,うっかり勘違いして,間違った動作の仕方を身につけてしまいますと,とんでもない我流の太極拳になってしまうこともありますので,注意が必要です。

 太極拳は上達していきますと,次第に心地よくなってきます。自分のからだと向き合い,からだと会話しながら,その心地よさを楽しむことができるようになります。そうなればもうしめたものです。これもまた「意識引導動作」ということの一つです。

 こうして太極拳は,意識のおき方,もち方によって,動作は限りなく変化していきます。それは無限といっていいでしょう。それほどに太極拳の奥は深いのです。精進すればおのずからなる味がでてきますし,オーラがでてきます。それがまたたまらない魅力です。

 その境地をめざして頑張りましょう。

 以上が,今回のわたしの「如是我聞」です。
コメントを投稿