2015年8月31日月曜日

12万人が国会議事堂を包囲。「8・30」抗議行動,参加してきました。

 これまでのデモですら,国会周辺の地下鉄の駅はピーク時には大混乱になるということを知っていましたので,今回はちょっと時間をずらして参加してきました。これが大正解でした。帰宅してからネットでデモ関連の情報をチェックしていたら,地下鉄・永田町駅は大混乱に陥った,と報じています。

 わたしは神保町でひとつ用事をすませて,午後3時に霞が関駅に到着。それでも,駅構内は人でごった返していました。これから抗議行動に向かう人と,すでに引き上げてきて帰路につく人とで,相半ば。駅から外にでた交差点の向こう側の角でどこかの団体がリレー・スピーチをやっていました。当然のことながら,その一帯は人でいっぱい。その脇をなんとか通過して,国会議事堂をめざしました。

 この国会議事堂をめざす歩道も,帰路につく人とこれから向かう人とがすれ違うのが精一杯。なんども立ち止まっては,また,歩きだすの繰り返しです。その間,あちこちから「安倍はやめろ」「戦争法案絶対反対」「集団的自衛権はいらない」「民主主義とはなんが・これだ」といったシュプレヒ・コールが聞こえてきます。あるいは,リレー・スピーチもいろいろのところから聞こえてきます。そんな声に耳を傾けながら,牛歩がつづきます。

 1時間ほど,のろのろと歩いていましたが,このさきは帰る人の分だけ前に進むの繰り返しだと判断して,一旦,引き上げることにしました。午後5時に仕事が終わるので,そのあと国会に行きたいという友人と待ち合わせることになっていましたので,その待ち合わせ場所の近くで一休み。紅茶を飲みながらからだを休めることにしました。

 約束どおりに友人が現れましたので,再度,霞が関へ。さすがに,こんどはそんなに混雑することなく,国会議事堂前の交差点に到達することができました。それでも,かなりの人が抗議行動の余韻に浸りながら,警察官の規制行動を見守っていました。それでも時折,偶発的に「アベはやめろ」のシュプレヒ・コールがはじまります。みんなこれに声を合わせています。

 
すると,ご丁寧にも,「本日の集会は終わりました。お帰りください」と指令車の上に立つ警察官が繰り返し呼びかけています。しかも,「帰る人のために歩道を空けてください。立ち止まらないでください。歩行者の邪魔になります」と繰り返しています。わたしは思わず叫んでしまいました。「めん玉どこについてんだッ!歩くスペースは十分にあるッ!立ち止まっても邪魔にはなっていないッ!なんのためにそこに立ってんだッ!」と。近くにいた人たちの笑いをかってしまいました。


帰り際に面白いものを見つけましたので,写真に撮ってみました。この看板を掲げていたのは,創価学会の会員有志の人たちです。しかも,公明党につきつけるための署名活動もやっていました。こんなまっとうな会員がいるというのに,政治惚けしてしまった公明党は戦争法案に一直線です。こんなかんたんなロジックすらわからなくなってしまっているのか,それとも,いろいろの裏取引があって身動きできなくなってしまっているのか。いずれにしても,情けない話です。

 
いまこそ,公明党は自民党に三行半を突きつければ,歴史に残る快挙となるのに・・・。そして,つぎの選挙で大勝ちすることができるというのに・・・。そんな判断すらできないほどの「思考停止」,そして,「自発的隷従」。なにやってんだか・・・・。

 どこもかしこも,総狂い。みんな狂ってしまうと,それが正義になってしまいます。いまの自民党がその典型。こんなにボス(アベ)が狂ってしまっているのに,だれも文句も言わずに(言わせずに)黙って追従していく党員。ここにも「思考停止」と「自発的隷従」が立派に機能しています。だから,バカのいいなり。やりたい放題。

 それもそのはず。ボス(アベ)そのものが,アメリカのいいなり。「思考停止」「自発的隷従」を率先垂範しているのですから,党員も「右へならえ」をするしかありません。

 そして,とうとう「報道」までが,「犬HK」を筆頭に,そのほとんどが政府のいいなり,「思考停止」「自発的隷従」に甘んずるという体たらく。これでは民主主義は機能しません。若者たちが「民主主義ってなんだ」「これだ」と叫ぶ気持ちがよくわかります。

 最後に,これまた面白い看板を二つ,写真に撮ってみました。
 ご笑覧ください。

 
コメントを投稿