2013年1月22日火曜日

桜宮高校の3年生8人,記者会見で反論。素晴らしい。駄目なのは大人。

 さきほどのブログを書いてから,それとなくネット情報をサーフしていたら,ありました。ありました。桜宮高校の在校生による記者会見。まことにまっとうな発言に,まだまだ日本も捨てたものではない,と感動しました。

 詳しくは個別にご確認いただきたいが,概要は以下のとおり。ほとんどは引用。(22時35分,時事通信配信)

 21日夜,同校3年の男子生徒2人と女子生徒6人が記者会見に臨んだ。「私たちは納得がいかない」「学校を守りたい」。8人は「まだ結論を覆せるかも」と,橋下市長と市教委に対し,決意の反論を展開した。
 市役所5階の記者クラブで午後7時半から1時間余にわたって会見。8人はいずれも運動部の元キャプテン。制服のブレザー姿で横一列に並んだ。
 「体育科に魅力を感じて受験したいと思う生徒がほとんど。普通科に回されるのは,私たちは納得がいかない」。女子生徒が口火を切った。橋下市長が同日朝,全校生徒を前に説明したが,「具体的な理由がなく,私たちの声も十分に聞いてくれなかった。思いは1時間で話せるわけがない。「生徒,受験生のことを考えて」と何度も繰り返したが聞き入れてはもらえなかった。在校生や受験生のことを考えたらもっと違う結論がでたんじゃないか」と訴えた。
 橋下市長が体罰の背景に「生徒たちも容認していた」「勝利至上主義」などと発言していたのに対し,女子生徒は「容認していないし,勝つことだけが目標ではなく,礼儀など人として一番大切なことを教えてもらっている」と反論。
 自殺問題については「心の傷は深く,重く受け止めている。傷を癒せるのは先生」として教諭の総入れ換えにも反対し,「多くの生徒が学校を守りたいと思っている」と強調した。
 男子生徒は「今回の結果が覆せるのではないかと,強い思いをもってきた」と会見の動機を語った。別の女子生徒も「今まで続いている伝統は今でも正しいと思っている」と力説した。

 わたしは涙を流しながら,この配信を読みました。もちろん,記事としての書き方に異論もありますが,まずは,おしなべてよく書けていると思いました。これが生徒たちの「生の声」なのだということもよく伝わってきました。この勇気ある生徒たちにこころから拍手を送りたいとおもいます。こういう生徒たちがいるということを確信していましたので,さきほどのブログを書いた次第です。最後のところでわたしが呼びかけたわたしの教え子でもある桜宮高校の卒業生も,こういう記者会見にでてくる正義感の強い人間でした。

 ですから,桜宮高校のOB/OGのみなさん,みんな黙っていないで声を挙げてほしいと思います。声を挙げることが,亡くなった生徒への,せめてもの贐ではないかと思います。わたしは直接の関係者ではありませんが,同じ体育・スポーツノ世界に生きている人間の一人として,黙って見過ごすわけにはいきません。

 さあ,こんどは先生たちの発言が必要です。ほんとうのところを表明してください。場合によっては,教員会議で話し合ったこととして。あるいは,校長の所見として。どんな形式でもいい。やはり,教員の声が聴きたい,それも,ホンネの声が聴きたい,それがわたしのいまの希望です。さらには,父兄の声も。そうして,今回の入試中止という具体的な事態をとおして,ことの深層(真相)を知りたいと思っています。

 わたし自身は,「体罰」などという,うすっぺらなことばに翻弄されて,ことの実態を歪曲しているメディアの報道の仕方に大きな憤りを感じています。そして,それを鵜呑みにして,騒ぎ立てるポピュリズムにも腹を立てています。そうではなくて,ことの真相,問題の所在を,しっかりと見届けることが先決です。

 だからこそ,今回の生徒さん8人による記者会見にこころからのエールを送りたいと思います。やはり,若い人は素晴らしい。「納得いかない」と思ったことをきちんと言える。こういう生徒が育っているのも,桜宮高校体育科の厳しい教育の成果ではないでしょうか。

 まだまだ,わからないことだらけですが,少なくとも,これまでのメディアの報道の仕方はあまりにものごとを単純にとらえすぎているのではないか,というのがわたしの現段階での感想です。

 突破口は開かれました。勇気ある生徒たちによって。さあ,これからです。こんどは先生たちです。そして,関係者全員が声を挙げるときです。みんなでこの問題を考えるために。そして,亡くなった生徒の遺志に応えるために。

コメントを投稿