2013年4月6日土曜日

「太極拳のポーズは精確に,力強く,そして,美しく」(李自力老師語録・その30)。

 李老師が,ほぼ,稽古が終わったところで,長拳のポーズをいくつか連続でみせてくださいました。すると,それに触発されたように西谷さんと柏木さんが,李老師の型をまねてポーズをとりはじめました。李老師も面白がって,どうせやるならきちんとやりましょう,ということになり,手取り足取りしてポーズを直していきます。すると,不思議なことに,あっという間にみごとなポーズがとれるようになっていきます。

 こういうときに,いつも出遅れてしまうのが,わたしの悪いクセです。西谷さんから,なぜやらないの?と督促されても,一度タイミングを外してしまうともう引っ込むばかりです。子どものときからそうでした。どうやら死ぬまで直らないようです。ですから,眼の前でお二人のポーズの姿勢がどんどんよくなっていくのを眺めながら,わたしひとりが呆然として立ちつくすのみでした。この積極性を見習わなくては・・・・と反省。

 まずは,そのお二人の雄姿をご覧ください。みごとな出来栄えです。こうして写真をみますと,やはり,一緒にやればよかったと後悔しています。情けないかぎり・・・。

 李老師は,ポーズのとり方はとても難しいので,まずは「精確に」やれるように練習しましょうと仰っしゃいます。そして,ひととおり精確にできるようになったら,こんどは「力強さ」を意識しましょう,そして最後は「美しく」という次第です。それを言われたとおりに,このお二人は,どんどん上達していきます。見る間にポーズの姿勢がよい方向へ変化していきます。まるでマジックにでもかかったのではないかと思うほどです。

 太極拳は指導者次第,とはよく耳にすることばです。わたしたちはなんと幸せなことでしょう。それを考えると,もっともっと,気持ちを入れて稽古をしなくては・・・・といつも思うのですが・・・。

 まずは,柏木さんのポーズです。


「とても上手になりましたね」
と,李老師からお褒めのことばがありました。


 つづいて,西谷さんの稽古の様子と,途中のお茶目と,完成型まで。


西谷さん。
李老師が,袖を巻いた方が力強さが表現できるので巻きましょう,
ということで袖を直しているところ。



ハイッ,写真を撮ります,とカメラを構えた瞬間に,
突然,笑いだし,転がってしまいました。
こんなお茶目なところもある西谷さんです。
とても,貴重なヒトコマ。
西谷さん,渾身のポーズ。
李老師から「素晴らしい。どこも問題はありません」という
お墨付きをもらいました。
いよいよ李老師の師範代です。


コメントを投稿